赤ちゃんが教えてくれたもの


生理が来なくなって1週間。

下腹部の痛みと胸の痛みでおかしいなぁと思いはじめ、婦人科へ。

私にとって初めての婦人科。すごく不安だった。
○○さん!どうぞ~。看護婦さんに呼ばれた。
緊張で心臓がドキドキした。

内診台に座り先生が器具のようなもので調べる。
痛すぎる!
5分くらいで終わった。
結果を聞くために先生のところへ。

○○さん。妊娠ですね~。
先生に言われた。
かなり初期ですね。ただ…

え?
子宮筋腫がありますね~。7センチぐらいでしょうか。
え!
私は驚きを隠せなかった。
妊娠中は筋腫が大きくなる傾向にあります。これ以上大きくなるようであれば切除しないといけません。
私は泣きそうだった。

それって赤ちゃんはあきらめるという事でしょうか?
赤ちゃんを残したまま手術を行い下から筋腫を取りだすという方法があります。
そんなリスクの高い手術しないといけないなんて。

今まで婦人科で診てもらった事はなかったの?と聞かれ、もちろんなかった私は「はい」と言った。
まずは様子をみましょうという事で診察は終わった。
夫に結果を報告。つい我慢していた涙がこぼれた。
夫は励ましてくれた。

これも妊娠してなかったらわからなかった事だし赤ちゃんに感謝しないとね。
赤ちゃん…。ありがとう。

sikyuu220
◆子宮筋腫を自宅で改善する方法はコチラから  
     

1才の娘の子育て真っ最中の新米ママブログ

ホルモン療法をすすめられているけれど身体への負担が心配
子宮筋腫は不妊や流産の原因になるの
子宮筋腫を持ったまま妊娠できるの
体内の毒素を出す食事療法とは
妊娠中の子宮筋腫の経過
子宮筋腫があっても無事に出産できた

サブコンテンツ

このページの先頭へ