子宮筋腫があっても妊娠できた


現在1才の娘の子育て真っ最中の新米ママです。

実は、私が娘を妊娠、出産するまでの道のりはそう簡単なものではありませんでした。

なぜなら妊娠前、月経の量が非常に多く、立ちくらみが起きるなど貧血の症状も出始めたことから受診した婦人科で「子宮筋腫がありますね」といわれたからです。

子宮筋腫って何?

子宮筋腫とは、子宮にできる良性の腫瘍のことをいいます。ガンなどと違ってあくまでも良性なので、私のように「過多月経や貧血に悩んでいる」といったようなトラブルがない限りは、特に治療の必要はなく「経過観察」となることもあります。

私も、子宮筋腫が命に関わるようなものではないということは知っていたので、お医者さんに「子宮筋腫がある」といわれても、「何か薬でも出るのかな?」くらいにしか思いませんでした。

ところが、問題はそれだけではおさまらなかったのです。

子宮筋腫は不妊の原因になる

子宮筋腫が発見された時、私は結婚3年目でした。

年齢がそんなに若くないこともあり、「子どもは早ければ早いほうがいい」という考えだったのですが、いつのまにか月日が経過。

お互い仕事も忙しいし、そのうちタイミングが合えばできるのではと、特になかなか赤ちゃんができないことについて、2人の間で話題にのぼるようなことはなかったのですが、私の頭の片隅には「不妊」の2文字が常にひっかかっている状態でした。

そして子宮筋腫があることがわかった時に、お医者さんから言われた一言。

「もし、妊娠を希望されるなら、とっちゃったほうがいいかもしれないですね」

え?とる? それって手術ってこと?
予想してもいなかった一言に、愕然としてしまいました。

不妊の原因になりやすい筋腫がある

誤解のないよう申し上げておくと、子宮筋腫があるからといって、必ずしも不妊になるということではありません。

子宮筋腫には「子宮の外側にできるもの」「子宮の壁の中にできるもの」「子宮の内側にできるもの」の3種類があり、そのうち子宮の内側にできる筋腫の「粘膜下筋腫」は、大きさが小さくても妊娠への影響が大きく、不妊の原因になることが多いのです。

私の筋腫も、この「粘膜下筋腫」でした。

私が手術を選択しなかった理由

「怖かったから」というのもありますが、「良性なのにどうして身体にメスをいれなくちゃいけないの?」と考えたこと、何もわからないまま手術するのは嫌だ、子宮筋腫のことを知って、自分でもできるだけのことをしてから決めたいと思ったことが主な理由です。

子宮筋腫があっても妊娠をあきらめないで!

結果として私は手術をせずに、子宮筋腫があっても妊娠できました。が、人によっては手術を選択せざるをえないケースもあるのかもしれません。
それでも子宮筋腫は、女性ホルモンが出ていて、子宮がある限りは再発の恐れがある症状。子宮筋腫を小さくするために努力することは、決して無駄にはならないはずです。

このブログでは、私が行った子宮筋腫対策や、その間に勉強した知識について書いていく予定です。

今すぐ購入する今すぐ購入する今すぐ購入する今すぐ購入する今すぐ購入する今すぐ購入する今すぐ購入する

sikyuu220
◆子宮筋腫を自宅で改善する方法はコチラから  
     

1才の娘の子育て真っ最中の新米ママブログ

ホルモン療法をすすめられているけれど身体への負担が心配
子宮筋腫は不妊や流産の原因になるの
子宮筋腫を持ったまま妊娠できるの
体内の毒素を出す食事療法とは
妊娠中の子宮筋腫の経過
子宮筋腫があっても無事に出産できた

サブコンテンツ

このページの先頭へ