子宮がんと検診の大切さ


子宮は女性独自の臓器です。

成人を過ぎると定期健診やがん検診を勧められます。
病気の早期発見は生活に質を上げます。

子宮がん検診は内診も一緒に行いますので、他の異常も確認できます。
子宮がんは細胞の異形質から始まることが多いです。

このときは状態が改善に向かうこともありますし、維持し続けることもあります。
これがガン化した時は初期がんということになります。

また体の異変や出血などもありません。
これを長く放置したりはできません。

早期のガンは部分によっては一部の摘出だけで収まることがあります。
早期のガンでも発生場所によっては子宮全摘出しか方法がない場合があります。

しかし早期の処置により、術後に出産ができる可能性があります。
現在子宮がんは若い方に多く確認されています。

性交渉がある人はリスクがありますのでがん検診は必要です。

また子宮がある限り可能性はあるので検診はとても大事だと言えます。
子宮がんはウイルス感染が原因だといわれています。

今は子宮頚がんの予防接種があります。70%くらいの確率で予防できるとされています。

子宮頚がんワクチンは唯一予防できるガンの予防接種とされています。
副作用のリスクがありますが、よく考慮の上受けるといいと思います。

sikyuu220
◆子宮筋腫を自宅で改善する方法はコチラから  
     

1才の娘の子育て真っ最中の新米ママブログ

ホルモン療法をすすめられているけれど身体への負担が心配
子宮筋腫は不妊や流産の原因になるの
子宮筋腫を持ったまま妊娠できるの
体内の毒素を出す食事療法とは
妊娠中の子宮筋腫の経過
子宮筋腫があっても無事に出産できた

サブコンテンツ

このページの先頭へ