子宮線筋症は不妊になるの?


子宮線筋症にかかると妊娠しにくいと言われる理由

「子宮線筋症」という病名を聞いたことはありますか?子宮線筋症とは、子宮内膜がなんらかの理由により子宮筋層の中に入り込み増殖し、子宮が大きくなってしまう病気です。病状としては激痛に近い生理痛や異常な多量出血、長い生理期間などがあげられます。

 

子宮線筋症にかかると妊娠しにくいと言われる理由は、子宮の肥大や子宮の筋肉が硬くなることで受精卵が着床しにくくなります。また、着床しても流産しやすかったりなど出産できる確率も低くなります。

 

子宮線筋症がまだ初期の場合には、治療を進めながらの自然妊娠、出産は可能ですので生理痛が前よりもひどいなと感じたり、量が多いなと思ったら早めに産婦人科に相談されてください。

 

子宮線筋症は子宮を取らないといけないの?

 

子宮線筋症は酷くなると外科手術が必要となり、一般的な手術は子宮全摘となります。子宮線筋症は筋腫とは違い、病変部と子宮筋層の境がはっきりしなく、子宮全体に広がっている病状が多いためです。また、完全に取り除かない限り再発の可能性があるからです。

 

まれに病変部が一部に固まっている場合もあり、その場合は一部摘出で済みます。

 

すでに子供がいるから子宮全摘しても構わないということはありません。なるべく卵巣を残すなどその後のことを考えないと、更年期障害が急に進んでしまったり、ホルモンバランスが崩れうつ病を発症してしまったり、子宮がなくなったという精神的ダメージも大きいです。

 

子宮線筋症にかかっても妊娠・出産は可能なの?

子宮線筋症にかかると妊娠・出産の率は下がりますが、できないわけではありません。また女性ホルモンが関係している病気なので、妊娠することで子宮線筋症の進行を抑えることはできます。ただし妊娠中に進行しないというだけで、出産後に生理が戻ればまた子宮線筋症の病状は進みます。

 

子宮線筋症が進むと子宮が肥大し、着床しにくくなり自然妊娠の確率は下がります。人工授精をしたとしても、着床が続かないということもありますが、子宮の炎症を抑える薬もあるので、子宮線筋症=妊娠・出産が不可能とは言えません。

 

子宮線筋症を抱えたまま妊娠・出産を無事にされた場合は、産後の症状のケアや治療がとても大切です。出産後に症状が酷くなったり、二人目を不妊になってしまったりということもあるからです。

 

子宮線筋症の治療

子宮線筋症の治療として、外科治療、薬物治療などがあげられます。

 

【外科治療】重度の場合

 

・子宮全摘

・子宮の一部摘出

 

子宮の全摘はまだ出産を控えている方には最も避けたい治療法ですが、病状の進み具合で避けられないこともあります。

手術はいずれも保険が使え、病院により金額は変わりますが、平均の手術費は20〜30万円といわれています。

 

【薬物治療】軽度・中度の場合

 

・ホルモン剤の投与

 

将来妊娠を望んでいる方の場合、子宮は大切にしたいですね。なので生理を止めるピルなどのホルモンを投与し生理を止めて、子宮線筋症の進行を止めます。

この治療は治すというよりも、痛みを抑えたり、病状を悪化させないための治療法です。

 

また、軽度の場合は体を冷やさないようにする工夫も病気を進めないために自分でできることの一つです。

 

・湯船に入り体を温める

・体を温める食品を積極的に食べる

(生姜、根菜全般、納豆、さんま、鮭、えび、わかめ、ひじき等)

・リラックスをする

 

子宮の健康を考える

 

女性にとって大切な子宮。将来子供を産もうと考えている方や、もう一人欲しいと考えている方は、子供を育てる子宮の健康状態について考えたことはありますか?生理痛を放って置いたりしていませんか?子育て中のママも育児の忙しさに自分の体の声を後回しにしていませんか?

 

 

子供が欲しいなと思った時に子宮のトラブルで悩まないよう、体の変化に気がついた時はもちろん、特に問題はないと感じてはいても定期検診を受けるなど、産婦人科をもっと身近なお医者様と考えることも現在のストレス社会では大切なことになってきています。

sikyuu220
◆子宮筋腫を自宅で改善する方法はコチラから  
     

1才の娘の子育て真っ最中の新米ママブログ

ホルモン療法をすすめられているけれど身体への負担が心配
子宮筋腫は不妊や流産の原因になるの
子宮筋腫を持ったまま妊娠できるの
体内の毒素を出す食事療法とは
妊娠中の子宮筋腫の経過
子宮筋腫があっても無事に出産できた

サブコンテンツ

このページの先頭へ