子宮筋腫による不妊の原因と妊娠・出産について


30歳以上の女性の20~30%、40歳以上になると40%と、多くの女性がかかる可能性のある子宮筋腫。

 

この子宮筋腫により、不妊になってしまうのか、出産への影響はどのようなものなのかを解説します。

sn1

子宮筋腫と不妊

子宮筋腫になると妊娠しづらくなるといわれています。

その理由は、次の通りです。

 

着床が妨げられてしまうから

子宮筋腫ができると、子宮内膜の環境が変わります。

薄くなったり、縮まったり、分厚くなったり、でこぼこしたり。(このような状態の変化は、子宮内に避妊リングをいれているのと同じような状態です。)

 

それが原因で受精卵が着床しづらくなってしまいます。

 

精子の動きが妨げられてしまう

妊娠は、精子が卵子と出会って受精卵ができ、それが着床して起こります。

 

卵管の根元に子宮筋腫があると、精子の動くきが妨げられてしまうので、受精卵ができにくくなります。

 

卵管の働きが妨げられてしまう

子宮筋腫により腹部が圧迫されると、卵管が塞がってしまう、位置が変わってしまうなどということが起こります。

 

これにより、位置が変わってしまうので、受精卵を運んだり卵子を取り込んだりといった機能が低下します。

 

流産や早産の原因にも…

上であげたのは主に「妊娠しづらい」原因です。

 

しかし、子宮筋腫ができたことで子宮が変形してしまう、腹部が圧迫されてしまう、などにより、子宮の環境が悪くなるため、妊娠後に流産や早産のリスクも高くなります。

 

環境が悪くなるとは、圧迫されるような物理的な要因や、変形することで血流が悪くなる、子宮の収縮が起こりやすいなどが挙げられます。

 

 

子宮筋腫がある場合の出産

妊娠しづらい中やっと授かった待望の赤ちゃん。

子宮筋腫があっても、正常に出産できるのでしょうか。

答えはもちろんYESです!

 

自然分娩はできるの?

子宮筋腫があっても、自然分娩は可能です。

出産とは、陣痛が起こることで始まります。

 

陣痛は、子宮が収縮するときの痛みを指していますが、子宮筋腫があると、筋腫の部分が上手く収縮できないので、陣痛が弱くなります。

 

この場合は、陣痛促進剤を使います。

 

陣痛が起こっている最中に赤ちゃんの頭がしっかり下がっていていれば、問題なく自然分娩ができます。

 

しかし、この状態が長引くと母さんにも赤ちゃんにも負担が大きくなります。

 

帝王切開になる場合も

子宮筋腫があっても自然分娩はできますが、上記の状態で赤ちゃんの頭がしっかり下がっていなければ、帝王切開になる場合もあります。

 

特に子宮筋腫が子宮の出口付近にあると、赤ちゃんの頭が通りにくく、母子ともに危険です。

 

このような場合は、お母さんにためにも赤ちゃんのためにも帝王切開を行います。

 

子宮筋腫がある場合は通常の帝王切開よりも出血が多くなる危険性があるため、出産後はお母さんのケアもしっかり行っていく必要があります。

 

産後の経過について

sn3

子宮筋腫があると産後の経過が通常の妊婦さんより、よくない場合が多いです。

子宮筋腫があると子宮の収縮のペースが遅くなる、産後の出血の量が多くなるためそういわれています。

 

しかし、最近は収縮剤の投与によりある程度コントロールができるようになってきているため、過剰な心配をする必要はありません。

 

まとめ

子宮筋腫は不妊や流産、早産の原因となります。

また、子宮筋腫がない妊婦さんよりも帝王切開となる可能性は高くなります。

 

しかし、子宮筋腫があっても無事に赤ちゃんを出産したお母さんはたくさんいらっしゃいます。

子宮筋腫があるから…と過度な不安を抱く必要はありません。

 

子宮筋腫があるため、妊娠や出産に不安を持つ必要はありません。

しっかりと検診を受けて、医師と相談しながら元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

 

ただし、リスクがあることは事実なので、体調がおかしいと思ったらこまめに病院へ行きましょう。

sikyuu220
◆子宮筋腫を自宅で改善する方法はコチラから  
     

1才の娘の子育て真っ最中の新米ママブログ

ホルモン療法をすすめられているけれど身体への負担が心配
子宮筋腫は不妊や流産の原因になるの
子宮筋腫を持ったまま妊娠できるの
体内の毒素を出す食事療法とは
妊娠中の子宮筋腫の経過
子宮筋腫があっても無事に出産できた

サブコンテンツ

このページの先頭へ