子宮筋腫の手術と治療方法について


子宮にできる良性の腫瘍である子宮筋腫。

今回は、子宮筋腫の治療方法について解説します。

 

子宮筋腫は治療しないといけないの?

子宮筋腫は良性の腫瘍です。必ず治療をしないといけないのでしょうか。

 

答えはNoです!

 

無症状の場合、多くは経過観察とされます。

筋腫が大きくなり経血の量が増えた、生理痛が重たい、など症状があれば手術か投薬の治療を行っていきます。

 

また、腫瘍がこぶし大ぐらいの大きさになれば手術が必要であると判断する医師が多いです。

sn10

子宮筋腫の手術

子宮筋腫の手術、といっても手術の方法は様々です。

現在よく行われている2つの手術について解説します。

 

子宮全摘出手術

手術名の通り、子宮をすべて取り除きます。

腹部を10センチ弱程度切開する、膣から器具を入れる、腹部にいくつかの穴をあけて器具をいれる、などの方法で摘出されます。

 

子宮そのものを取り除くため再発のリスクはゼロです。

しかし、妊娠できなくなる、ホルモンバランスが乱れて体調不良になる、などの大きなリスクが伴います。

 

筋腫核手術

子宮を残して、できてしまった筋腫の核となる部分を取り除きます。手術方法は、腹部を10センチ弱程度切開する、膣から器具を入れる、腹部にいくつかの穴をあけて器具をいれる、など全摘手術と同じ方法がとられます。

 

子宮筋腫による症状がほぼなくなり、手術後に妊娠が可能なのでメリットの大きい手術です。

 

しかし、再発の可能性があるというデメリットがあります。

 

また、手術中に出血が多いという危険性があるため、子宮全摘手術よりも危険性が高い手術となります。

 

入院期間は?

子宮筋腫の手術の場合、全摘手術か筋腫核手術よりも手術の方法によって異なります。

開腹手術の場合は1週間から2週間、開腹手術でない場合は1週間前後という場合が多いです。

 

子宮筋腫の切らない治療(薬)

子宮筋腫は薬で治療する場合もあります。

下記に薬と副作用を紹介します。

 

GnRHアゴニスト療法とは?

GnRHアゴニスト療法と呼ばれる投薬治療があります。

この薬を飲むと、排卵を促すホルモンを分泌している下垂体(脳の下にある期間)に働きかけ、ホルモンの量を減らします。

 

これにより、卵巣から出るエストロゲンを減少させます。

 

子宮筋腫を大きくするのは女性ホルモンなので、このように女性ホルモンの量を調整することで病気を軽減させる効果があります。

 

以前は、点鼻薬が使われていましたが、現在は1カ月に1回注射を打つ方法が主体です。

 

半年を1つの単位として治療が行われます。

 

対象となるのは、閉経が近い年齢の方で投薬をしながら自然な更年期へと入っていく場合、また手術の前に腫瘍を小さくしてから手術を行う場合によく用いられています。

 

GnRHアゴニスト療法の副作用

副作用は更年期症状と似ています。

ホットフラッシュ、よく汗をかく、イライラする、肩がこる、頭が痛い、うつ、などです。

 

また、その他にも肝機能の低下、体重が増える、骨粗鬆症になりやすくなる、などの副作用があります。

 

対症療法

痛みがある場合に鎮痛剤、出血がある場合に止血剤、貧血の場合は鉄材などの貧血を治す薬、など対症療法をとる場合もあります。

 

対症療法とは、原因にアプローチするのではなく、症状を抑えるための治療です。

 

これらは根本的な治療にはならないため、一時的に症状を抑えるために使われます。

 

まとめ

子宮筋腫は、子宮を取り除く、ホルモンを抑えると症状が軽くなりますが、妊娠の可能性が無くなる、下がる、といった弊害があります。

 

また、筋腫のみを摘出した場合、再発のリスクはありますが妊娠は可能な場合が多いです。

 

子宮の病気は妊娠、出産にも影響を及ぼす病気です。

自分の人生設計に合った治療を医師と一緒に選択していきましょう。

そのためにも、しっかり勉強して、自分はどうしたいのかを話し合えるようになりましょう!

sikyuu220
◆子宮筋腫を自宅で改善する方法はコチラから  
     

1才の娘の子育て真っ最中の新米ママブログ

ホルモン療法をすすめられているけれど身体への負担が心配
子宮筋腫は不妊や流産の原因になるの
子宮筋腫を持ったまま妊娠できるの
体内の毒素を出す食事療法とは
妊娠中の子宮筋腫の経過
子宮筋腫があっても無事に出産できた

サブコンテンツ

このページの先頭へ