生理前はイライラ、始まるとお腹が痛くて気持ちが悪くなる


女性の大半が悩んでいるであろう生理痛。そんな生理痛に私も悩まされています。

 

と言っても、私がこの痛みと付き合いだしたのは大学生のころからで、それまでは生理痛なんて言葉とは一切無縁の生活を送っていました

 

私の生理が始まったのは、同級生からすると遅い方でした。周りが生理痛で苦しむ中、大変そうだな、などと他人事でしかなかったのです。

それが大学生になってしばらくしたあるとき、初めに感じたのは、お腹の異様なまでの冷えでした。体はちょっと熱っぽいのに、お腹を触るとひんやりと冷たい。そう感じたすぐあとに生理がやってきます。

 

そして生理と同時に来る下腹部の痛みと吐き気。まるでお腹の中を誰かに捕まれているかのような痛みに、真っ直ぐ座ることができず、前屈みで痛みをやり過ごしました。加えて来る吐き気は、吐きたい気持ちがあっても実際に吐けないのが自分で分かっていました。なんとなく、車酔いしたときの気持ち悪さに似ているでしょうか

 

そして生理を繰り返す中で気付いたことがもう一つ。私の生理はきちんと約二十八日周期できます。そのため気付いたのですが、生理の少し前から、何にたいしてもイライラしだすのです。最初は訳もわからず、なんでこんなにイライラするのかと不思議でした。しかし気付いてみると、イライラするのが生理の合図になっていきました

 

しかし、いざ生理が始まると、今度はネガティブ思考が止まらなくなるのです。まさに情緒不安定。自分でも、コントロールができず、生理が来るのが億劫になります

 

これからもずっとこの痛みや気持ち悪さ、情緒不安定さに付き合っていかなければならないのかと思うと気が遠くなります。でも女に生まれてしまったからには仕方ありません。ただ、一度でいいから男性にもこの辛さをなんとか味わってみてもらいたいなと思います

 

だって、味わってみなければこの辛さは分かりません。私自身、この辛さと付き合いだすまで、生理痛で苦しむ友人の想いに寄り添うことができなかったわけですから。

sikyuu220
◆子宮筋腫を自宅で改善する方法はコチラから  
     

1才の娘の子育て真っ最中の新米ママブログ

ホルモン療法をすすめられているけれど身体への負担が心配
子宮筋腫は不妊や流産の原因になるの
子宮筋腫を持ったまま妊娠できるの
体内の毒素を出す食事療法とは
妊娠中の子宮筋腫の経過
子宮筋腫があっても無事に出産できた

サブコンテンツ

このページの先頭へ