生理痛が楽になる方法


以前は生理痛がひどくて大変でした。

 

夜用のナプキンを使用しても漏れるくらいの経血の量で、夜はナプキンを二重にして寝ないと絶対漏れるくらいでした。経血の状態もレバー状の塊のものが出ることが多かったです。生理痛がひどいときには、痛み止めをよく飲んでいたことがあったのですが、飲みだしたら痛いときには絶対必要になり、最終的には飲んでもあまり効果を感じなくなりました。生理痛がひどいときには、貧血みたいに倒れることもありました

 

布ナプキンが良いと聞いてから、少しでも生理痛が楽になればと思い、布ナプキンを使用し始めました。慣れるまでは大変でした。布なので漏れることが頻繁にあり、仕方がないので、布ナプキンの下に普通のナプキンをして使っていました。布ナプキンをしている意味があるのかよくわからない状況でしたが、とりあえず布ナプキン生活を続けました。

 

最初の頃は面倒で、いちいちナプキンの洗濯をしないといけないし、なかなか汚れが落ちなかったりで大変でしたが、自分の経血の状態を知ることができるし、洗濯して汚れが落ちていくのがストレス解消になり気分的には良かったです

 

3か月くらい布ナプキン生活を続けたところ、いつの間にか生理痛が楽になっていました。経血の量も布ナプキン生活を始める前より少なくなったような気がしました。レバー状の塊もあまりでなくなっていました

 

布ナプキンの良いところは、体を温めてくれるところにあります。布なので空気を通すため、合成の素材でできたナプキンに比べて体を冷やさないようです。その為体の冷えが改善され、生理痛の軽減につながったようでした。布ナプキンはいいことだらけです

 

ゴミが出ませんし、臭いも臭くないです。環境にも良いし、体にもよいです。合成素材のナプキンに比べて、不快感も全くないのでつけていてもストレスを感じません。生理中であることを忘れてしまうくらいの時もあります

 

生理痛は低体温で起こることが多いので、体を温めることが大切です。

 

冷たいものをあまり飲まないようにしたり、しょうがなど体を温めるものをできるだけ摂取するように心掛けるなど、毎日の生活で体を冷やさないようにすることも大切だと思います

sikyuu220
◆子宮筋腫を自宅で改善する方法はコチラから  
     

1才の娘の子育て真っ最中の新米ママブログ

ホルモン療法をすすめられているけれど身体への負担が心配
子宮筋腫は不妊や流産の原因になるの
子宮筋腫を持ったまま妊娠できるの
体内の毒素を出す食事療法とは
妊娠中の子宮筋腫の経過
子宮筋腫があっても無事に出産できた

サブコンテンツ

このページの先頭へ