生理痛と一言に行ってもそれぞれ個人差がある


1か月に数日の事であれそれが毎月になるとすごくしんどいものです。女性が多く働いているような企業では生理休暇などがあるほどです

 

生理痛と一言に行ってもそれぞれ個人差があるので症状も生理痛の重さも全く違います。市販の薬などを飲めばそれで治まるような人もいますし、生理痛で動けないほどの痛みを伴うような人もいますし、また子宮内膜症などの病気を持っている方は生理痛がすごく重くなりがちです

 

しかし女性が妊娠をする上で生理は欠かせないぐらい大切なものであり、長い人生お付き合いしていくものですので上手に生理痛と付き合っていくことが大切です。

 

市販の薬ももちろん良いのですが、日常生活の中で生理痛が緩和できればそれに越したことはないと思います。

 

生理痛はやはり身体の冷えとも大きく関係しています。女性は身体が冷えている人が多いのですが、妊娠や出産していく中でも冷えは大敵といいますのでしっかり治しておくことに越したことはないと思います

 

身体の冷えを治すにはまず温かい物を意識的に摂取する事が大切です冬でしたら温かい物を好んで飲む人が多いとは思いますが、夏になるとどうしても冷たい物が欲しくなりますしクーラーなどを使用してしまいますので冬よりも身体が冷えがちです夏になっても意識的に温かい物を摂取すること、そして身体を温める事ができる食材、代表的なものに生姜などがありますがそういったものを摂取する事で身体の底から温める事ができます。

 

特に生理中に生理痛がひどくなるとお腹を温めればそれだけで少し生理痛が楽になります。

 

その時の健康状態にも生理痛は左右されますので、日ごろからしっかりと健康管理をしておくことも重要なポイントです

 

また生理痛に一緒に伴う症状として、下痢や吐き気・嘔吐などもありますのであまりにひどい場合は自分でどうにかしようとせずに思い切って専門医の診察を受ける事もとても大切な事です

sikyuu220
◆子宮筋腫を自宅で改善する方法はコチラから  
     

1才の娘の子育て真っ最中の新米ママブログ

ホルモン療法をすすめられているけれど身体への負担が心配
子宮筋腫は不妊や流産の原因になるの
子宮筋腫を持ったまま妊娠できるの
体内の毒素を出す食事療法とは
妊娠中の子宮筋腫の経過
子宮筋腫があっても無事に出産できた

サブコンテンツ

このページの先頭へ