生理痛排卵痛との付き合い「もうすぐ始まるなあ」という独特の感覚から生理が始まります


胸の張り、腰の重さ、下腹部のしぼるような痛み、それは陣痛の0.01%くらいの痛みでしかないですが、確実に苦痛を感じる痛みを排卵頃に体感し、2週間それを耐えた後に始まる生理、月の半分はどこかしら痛い状態は慣れてしまいました

 

生理痛自体は若い頃は全然ありませんでした。

 

辛そうな友達を見ていると「私はどうして痛みがないのか?これは本物の生理?」と純粋に不思議な気持ちになるくらい何もなかったのです

 

ですが社会人になり、人並みに社会にもまれて、いわゆるストレスというものを体験するようになり、いつのまにか、生理痛は当たり前におこるようになりました。

 

頭痛が始まりお腹、それも下のほう、お腹の奥からお尻の奥にかけてがものすごく痛くなるのです座ることでお尻から圧迫があるだけで痛くなりました。これは決まって初日です。始まって2時間ほどで痛みがやってきます

 

割と不順気味だったので婦人科に通っていたため、定期的に検査を受けていましたが特に子宮に問題があるわけではないのですが、結構痛みがありましたお腹だけではなくて頭痛もあるのが辛かったです。

 

私の場合は、まずお腹を温めること、腰の周辺をひざ掛けなどで温めると割と楽になりました。ただ、カイロなどは私の場合ダメでした。熱すぎて、肌が痒くなってしまうというか、合わないようです普通に温めてもどうしても辛い時は、幸い鎮痛剤が効いてくれたので、初日はそれでやり過ごしました。

 

そんな私も結婚出産を経験して、産後は生理は定期的にくるようになり、生理痛もすごく軽くなりました!なぜかはわかりません。ですが第2子を産んだ後は、今までの生理不順気味だったのも嘘みたいに定期的なサイクルになり、同時に生理痛が軽くなりました。

 

ただ、それと引き換えに、排卵痛がきつくなりました。こちらも特にどこにも異常はないのですが、排卵時に今度は鎮痛剤を飲んでいます痛みの質はそっくりで、検査してもどこも悪くないので、こういう体質なのかなってうまく付き合うように、辛い時はお薬も頼りつつ、できるだけ神経質にならないように生活してやり過ごしている日々です。

sikyuu220
◆子宮筋腫を自宅で改善する方法はコチラから  
     

1才の娘の子育て真っ最中の新米ママブログ

ホルモン療法をすすめられているけれど身体への負担が心配
子宮筋腫は不妊や流産の原因になるの
子宮筋腫を持ったまま妊娠できるの
体内の毒素を出す食事療法とは
妊娠中の子宮筋腫の経過
子宮筋腫があっても無事に出産できた

サブコンテンツ

このページの先頭へ